June 2008アーカイブ


080620WetCollodion.jpg


久保さんたら。。。

先週、弘前から戻ってみると、
事務所の机の上に、歴代コロジオンがご覧のように。

今回の新湿板プロジェクトの模様は
久保さんのブログを中心に進んでいることもあって
お任せしようと思っていたのですが、
あまりにも、かわいくて、きれいで、うれしかったので。。。

一枚パチリ。

(しかも、久保さんのブログではもっといい写真が!)

今回のぼくたちの新しい試みは、
実は方法論としては、最初に目指した試みに立ち戻っている。
とはいっても、ぼくたちはこの数年で
技術的にも大きな経験をしてきたこともあって、
方法は最初に目指したものでも、
今では、ある意味別のことに昇華しているような気がする。
特に久保さんのいろいろは、ものすごいことになっている。
とにかく古典技法ではありますが、
今ぼくたちが探しているものは、今までのものではないので、
ということは、新しいこと、と言えるのかもしれません。

でも、何でこんな面倒なことが、こんなにも楽しいのだろう。
まわりからしてみると、このコロジオン溶液独特の臭いの中で、
いつも楽しそうに作業を進めている、
久保さんとぼくのことを、きっと不思議に思っているのでしょうね。

子供っぽいかもしれませんが、
本当は、今の時代ならではの必然がそこにはあって、
かなり大人、とも言えるのですね。笑

とはいっても、なかなか思うようには行きませんが、
この先の結果を、乞うご期待願います!
楽しみにしていて下さいね。


080619@JIROKICHI.jpg


明日20日より、いよいよ待望のアルバムが発売となりました。

浅野さんがいなくなってしまってからのこの一年で、
この人たちは、またとんでもないアルバムを作ってくれたのです。
ホトケさんも、沼澤さんも、中條さんも、コテツさんも
本当にすごいミュージシャンだと思います。
ぼくはただの友人ですが、自分のことのようにうれしいのです。

とにかく一度、これ聴いてみてください。
その録音されている音も、すごくいい音です。
しかも、その時代背景を失うような感じの音なのですが、
それがかえって、新しい感じがするから不思議です。
一般的に"シカゴ・ブルース"と言われている感じの音が、
現代のそれも日本で、こんな感じというのが驚きです。

そして上の写真のポスターなのですが、
このちょっと太めのドラマーは、
あのジミ・ヘンドリックスの最後のバンド
"Band of Gypsys」のドラマー"バディ・マイルス"です。
そしてその上には、日本を代表するドラマー"沼澤尚"さんです!
しかも、今回のこの「Blues&Soul Records」のおまけについてくるのが
おそらくこんなものは世界初なのでは?という
沼澤さんセレクションの「ブルース・ドラム」のコンピレーション!
ぼくも今から楽しみです。(4/25発売)

それにしても今日の「JIROKICHI」の演奏、ものすごかったです!
そういえば、ムッシュことかまやつひろしさんも言っていました。
「ホトケさん、今、旬です!」と。


spoonful.jpg


TheAmericans.jpg


The Americans


昨日、楽しみにしていた待望の写真集が届いた!

フランクさんの代表作「The Americans」が
この度、フランクさんの50周年を記念して、
フランクさん本人が監修のもとに、
アメリカ版の写真集が復刻されたのです。
(この写真集の初版はフランスで出版されています。)

ぼくが大学生の頃、手に入れたものは
リイシュー版と言われているものなのですが、
何と言っても今回のこの復刻版、
今回の初版は、印刷もすごくいいし、
本の大きさも、すごくいい感じで、
その上、価格もとても安いのです。

こんなすばらしい写真集が、
この価格で手に入るのですから、すごいことです。
ぼくはさっそく、これだったら何冊あってもいいと
追加で数冊、注文をしました!

とにかくこの写真集、
持っていない人はもちろん、持っている人も
ぜひとも手に入れて欲しい一冊です。


ページを何度もめくって、
写真を見れば見るほど、いろんなことを写真が教えてくれます。

そしてぼくは、そんなフランクさんに会いたくなってきました。

September 2015

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30