March 2006アーカイブ

いよいよ、3月も今日で終わり。
ということは、明日からは4月。
そして4月という月は、この国の中においては
はじまりの月。

そんな、今日の空の下では

20060331_1.jpg

ご覧のように、目黒川の桜は、まさに今が満開。
本日更新の「写真がもっと好きになる。」においても
今回のお話は「桜の花びらが、はらはらと散る理由。」

というわけで、
何かと慌ただしい一日の中で、
会社のみんなを連れ立って、恒例の桜散歩。

今時の中目黒は、一年の中でおそらく一番の人出。
川沿いの測道は、
いつもの、ゆる〜い散歩道ではなく、
その様子は、ちょっとした観光地並み。

そんな中で、ぼくに何かを暗示させるように?
こんなものを発見。

20060331_2.jpg

まさにこれは、日本で一番有名な「湿板写真」。
かの上野彦馬撮影の坂本龍馬の肖像写真。
それにしても、こんなものがなぜ突然ここに・・・。

明日行ってなかったら、もっとこわいけれど。(笑)

今年の目黒川の桜は、少し早い満開を迎えた。
そして満開のあとに、はじまりの月があることで、
ちょっと無理があるかもしれないけれど、
勢いをつけてみようかと、気を入れる?

それにしても、今日は晴れてよかった!
しかも、すでに少しずつはらはらと散り始めている
桜の話にふさわしい、今日の空。@目黒川


20060330.jpg
11:41@Higashikitazawa

ここのところ、朝から仕事ではない日は
ほとんど朝まで事務所で仕事をして、
午前中休んで、という毎日。。。

それというのも、その多くの時間が
いわゆるデジタル・ダークルームとでもいえば
いいのだろうか?
これといった画像処理をやっているわけではないにせよ
ゴミ取りひとつにしても、それなりの時間を要するのも確か。
少なくともデジタルに関して、経験の少ないぼくのとっては
かえってアナログのそれよりも手間がかかって・・・
何のためのデジタルなのか、わからなくなってくる。(苦笑)

それにしても、昨晩久しぶりに観た、勘三郎さんはすごかった!
まさにその全てに切れがある。
このような状態を”のっている”というのかもしれない。
現在、シアターコクーンでやっている、この「東海道四谷怪談」は、
前半と後半では、大きな展開があって、
それこそ後半は、おそらく江戸時代の民衆も、
こんな感じで熱狂していたのでは? と思えるほどの
まさにエンターテイメントの極致。
とにかく”すごい”のひとこと。

ぼくにとっても、その歌舞伎には学ぶことも多く、
大きな力をもらうことが出来た。

そして今朝、尊敬する糸井さんからも
とても大きな言葉をいただいた。

そして今、あらためて、あたらしい何かに向かって
歩き始めた自分の目を確認する。

ちょっと早朝の空が続いてしまったけれど、
そして、この空は今日という一日のはじまりの空。@中目黒


20060328.jpg
28/03/2006 14:48 @Megurogawa

気が付けば、久しぶりの更新。
しかもこうやって、ブログを立ち上げて、驚愕の事実が・・・。
ぼくの中では、一日ずれていたということに
気が付いたのであった! どうしよう・・・

ちょっと気分転換にと思って、久しぶりのブログ。
相変わらず、展覧会の準備に追われている。
何といっても今回は、シンガポールということもあって、
そのやりとりの多くが、デジタルだったりするので、
明けても、暮れても・・・という感じ。。。

当然、そればかりをやっていられるわけもなく、
今日も、撮影に、打ち合わせに、その他いろいろ。。。
そしてこうやって、夜遅くになって、
やっと自分の時間がやってくる。
そして、作業がひたすらに続く。

と、書いたところで地震、

今日は夜になって、空からは雨が落ちてきた。
それも昼間は、まさに春日和。
目黒川の桜も、七分咲きといったところ。
こんな今だから、余計にのんびりとしたお花見に思いは馳せる。

かなしいことに、この桜の花の写真を夜に見ていると
何となくどこかで、今日のこととは思えない?

ここはひとまず、写真でも撮りに行こうかなぁ〜な空。@目黒川


せっかく春が来たというのに、
相も変わらず全開の毎日が続いている。

ここへ来て、5月にシンガポール展、
6月には東京展と、展覧会が続くこともあって、
もろもろの作業に追われている。

もちろんそれだけをやっているわけにも行かないので、
いくら時間があっても足りるわけがない・・・。

にもかかわらず、今晩は沼澤さんのライブを聴きに
高円寺の次郎吉。
今日は「The Blues Power」
それにしても、沼澤さんのとてつもないドラムが、
永井”ホトケ”隆さんの温かい音楽に、とてもよく似合っている。
やはりBluesというには、改めて人間の音楽という感じがした。
もしかしたらぼくは、Bluesが一番好きかも?

そして明日は明日で、同じBluesでも
もはやその姿は、捉えきれないほどの大きさの
RollingStonesのコンサート。
やはりここでも、チャーリー・ワッツのドラムが、かなり楽しみ。

そういえば、今日のライブで沼澤さんも
何曲かで、チャーリー・ワッツ・モデルのスティックを使っていた!

そんなわけで? 「今日の空」は、
来客の前に、慌てて撮影したの写真・・・。
気が付けば、目黒川の桜の開花もあと少しな感じ。

そしてあっという間に金曜日。
ということは「写真がもっと好きになる。」の更新日。

何だか本末転倒だけど、この大きな睡魔の中で、
ボヤンとした感じは、頭はまさに春うららな、今となっては昨日の空。@中目黒


20060321_hippo.jpg

今日は、春分の日。
ということは、祝日ということ・・・。

そんな休日に、WBCの決勝戦のキューバ戦。
結果は、うれしいことに日本が見事に優勝を果たす!

もともと野球好きでもないぼくでさえ、
こうやってテレビ観戦しているんだから、
きっと、ものすごい視聴率なのでは?

それにしても、個人的には、どこかでピンと来ていないものの
世界一というのは、やはりとんでもないこと。
これを大好きなサッカーに当てはめて考えてみようとしても、
やはり、当てはめられない・・・。

そんな感じで、ゴロゴロしながら観ている目の前には、
オーディオが見える。
そういえば、最近しっかり鳴らしていないなぁ〜

20060321_jbl.jpg

これより、久しぶりに御殿場のアトリエに向かう。
おそらく昼間は混むのでは?
と思って出発を遅らしたものの、
かえってWBCの試合中の方が、空いていたのかも?

一方、空の方はというと、
徐々にうっすらと、白い雲が増えてきた。

当初、今日はゆっくりと
夕暮れ時の空を眺めようと思っていたけれど、
そうも行かない感じなので、
慌ててベランダに向かい「今日の空」。

すると、雲はまず、低いところに流れてきて、
やがて、少しずつ高いところに流れていく。

その様子は、水の流れそのもので、
改めて「あ〜、やっぱり雲は水なんだ。」と思う、あ〜春分の空。@東北沢


20060319_1.jpg
17:25 @Shinjuku

今日も朝から、相変わらず強い風が吹いていた。
昨晩も何だかんだと、明け方まで作業をしていたこともあって、
今日は、一日ゆっくりとした日曜日。

出かけようと思っていたところで、
WBC準決勝の韓国戦が始まってしまったので、ついついそれを観る。
結果は見事な大勝! とはいうものの、野球オンチのぼくにとっては、
知ってる選手は、イチロー選手ぐらいなので、
?なところも多いものの、これだけ真剣に野球を観たのは
かなり久しぶりかもしれない。

そのおかげで、すべてが後手後手・・・。
慌てて外出すると、あたりはすでに美しい夕暮れ時を迎えていた。
それにしても風が強い!

20060319_2.jpg
17:27 @Shinjuku

特に、新宿副都心といわれるビル群の中を、吹き抜ける風は
俄然、その速度を増して通り過ぎる。
”ビュー、ビュー”と大きな音を鳴らしながら、
人を含めた、すべてを吹き飛ばしてしまいそうな
ものすごい勢い。

20060319_3.jpg
17:45 @Higashikitazawa

この風も、季節の変わり目ゆえのものなのか?
それとも・・・。

20060319_4.jpg

17:47 @Higashikitazawa

カメラのファインダーを、右側に移動すると、
そこには、今まさに暮れようとしている赤い夕日。

そのアンバーなあたたかい光と、
そのあたたかい光に挑むように、切り込むように、
吹き荒れる風の中で、
次から次へと、すがたを変える雲をみながら
もの思う、今日の夕暮れの空。

そして、その夕暮れの空の前には
こんなにも、風そのものを感じるような駆けめぐる空。@東北沢

20060317_0.jpg
6:37 @Higashikitazawa

それにしても昨晩は、
いったい何が? と思うほどの強い風が
東京の街に吹き荒れていた。

その強い風音で目が覚めて、
窓の外を見てめると、
深夜に比べれば、いくぶん収まったものの
まだまだ強い風の中で、こんな空で明けていった。

20060317_1.jpg
09:35 @Higashikitazawa

家を出ようと外に出ると、遠くでは富士山が雲に包まれていた。

20060317_2.jpg
13:55 @Megurogawa

打ち合わせの後、いつものように空散歩。
すると、あっという間に雲ひとつない青い空が拡がっていった。
すっかりあたりは、春模様。
気温もあたたかくなってきた。

20060317_3.jpg
16:50 @Shibakouen

そしてここのところ、やたらと続いている
高速道路から見る「東京タワー」。

そんなもうすぐ夕暮れの東京タワーを横目で見ながら、
上野に向かう。

日が落ちると、一気にまた冷え込んできた。

それでも今日は、何が何でも”春宣言”な空。@上野


今日は目まぐるしく天気が動いた一日。

ぼくは昨晩、5月5日よりシンガポールにて開催される
個展のため、結局事務所にて夜を徹して、その準備。

ウトウトしていると、やがて眩いばかりの朝が訪れた。
「あ〜、今日もいい天気!」と思いきや、
やがて西の空から、徐々に白い雲で覆われていった。
これは大変?と、慌てて空散歩。

場所はもちろん、いつもの目黒側の測道。
川沿いには、知らない間に、
お花見用の提灯を吊すための、準備が施されている。
たしかに、つぼみも随分膨らんでたなぁ〜!
なんて思いながら、フラフラと散歩を続けていると、
突然、まさか〜? 一瞬、もしやまぼろし?(笑)でも
見たかのように、目の前に、
数本のすでに、花を咲かせている桜を見つける!

20060316_sakura.jpg

しかも数本あるということは、
いわゆる「狂い咲き」ではなくて、(わからないけれど)
そういった品種なのかもしれない?
とにかく、寝不足でぼーっとした中で、
いきなり現れた桜の花は、
あまりにも突然の春の訪れ。。。

それでも、空はどんどん曇っていく。

するとぼくと同じように、
デジカメで必死に桜を撮るおじいさん発見。
そしてそのすがたに、自分を重ねながら、
ちょっとだけ平和な気分を共有する。(笑)

20060316_roujin.jpg

最初は、撮っている脇を抜けるときに、
ぼくが会釈なんかして・・・
すると今度は、ぼくが撮っている脇をおじいさんが抜けていく。
そして、おじいさんも同じように会釈・・・(笑)
そんなやりとりを、数回繰り返し、
遂に、堪えきれなくなったおじいさんは
満を持して、ぼくの横に立ち、
同じ桜にカメラを向けながら、
「ちょっと得した気分ですなぁ〜!」と言いながら、
その目は、ぼくのカメラをチェックしていた。(笑)

それが、何だかとても面白くて、あたたかくて、
真っ白に覆われていく空なんか、どうでもよくなった。

そんなあたたかい瞬間を、かき消すように
夕方からは、びっくりするような暴風雨。
何だかとてつもない勢いで、空が動いている。

そしてきっとこのあとには、本当の春が来るような。

20060315_totower.jpg
15/03/2006 17:55

これは昨晩アップしようとして、し忘れた
夕暮れ時の東京タワー。

それにしても、こんな東京の空の下にもいろいろあるなぁ〜!
と思ったので、これも一緒に載せてみた。

たった一日で、ちょっと歩いただけで、
これだけ新しいいろいろと出会うのだから、

やはりそろそろ、具体的に東京にも春到来な変わり目の空。@目黒川

20060314_01.jpg
10:15 Higashikitazawa,Tokyo

今日は一日の中で、大きく雲が動いていった。
最初、高い雲があって、
今度は、その下に雲が重なって、
そして最後は、割と低いところに雲が流れ、
夕暮れ時には、そうやって重なり合った雲が
青い空を覆っていった。

20060314_02.jpg
17:05 Higashikitazawa,Tokyo

それにしても、風が冷たい。
朝などは、春が近いことを忘れてしまうほどに、
冷え込んでいた。

それでも明日は、少しはあたたかくなるような?
今日も、光が気になった一日。

光の中で、雲が重なる北風の空。@東北沢


20060312.jpg


ちょっと強い風が吹いていた、春っぽい日曜日、
今日は、久しぶりに事務所にて湿板肖像写真撮影。

もともとは、今日が誕生日の武井さんの肖像写真と
椿の撮影をする予定だったが、
それに加えて、ぼくにとっても嬉しい撮影が加わった。

詳細は後日、お伝えすることが出来ると思うけれど、
今日のところは、とりあえずそのご報告。

考えてみれば、今日はコロジオンを含めて、
ぼくと久保さんにとってみれば、
すべてが新しいいろいろだった。

にもかかわらず、乳剤の調子もとても安定していたし、
何よりも、本日はじめて使用したLENSがすごかった!
そのLENSは、アンセル・アダムスやエドワード・ウエストンも
好んで使っていたという、
Carl Zeiss社のLinseという有名なガラス工場で作られた
「Protar」というちょっと珍しい名レンズ。
何がすごいかというと、
ファインダーをのぞいただけでわかるほど明らかに、
その描写は、とてもやわらかくて、しかも切れがある。
それは、今まで使っていたLENSは???
と思うほどの見え方であった。

そして肝心の撮影の方も、
そのレンズがうまく光を集めてくれたことも手伝って
とてもいい肖像写真が撮れた!

その驚くほどに、落ち着いたたたずまいの写真群は
NADARが降りてきてくれたのでは? と思えるほど。

それにしても、今日は魂を吸い取られた・・・。(笑)
写真をお見せできる日を、お楽しみに。


20060311.jpg


一昨日とは、別アングルの東京タワー。


20060311_2.jpg


そういえば、その前にこんなのも撮った。
一度も行ったことがない、六本木ヒルズ。


20060311_3.jpg


そして銀座の歩行者天国。


めっきり春めいてきた、そんな土曜日の空。@代々木公園

今日は、予報通りに冷たい曇り空。
最近では、こんな日は、空に合わせるように
こちらの気分も、何となく曇ってしまったりと
完全に空と同化しているぼくだけど、
今日のぼくは、少しだけいつもとは違ったような?

なんというか、曇ってはいるんだけど、
春が近いせいか、すこしうれしい便りがあったせいか、
少なくとも気分は、曇ってはいない。

むしろ、そんな時はかえって、
まわりのいろいろに対して、いつも以上に注意深くなるもの。
どうやら春の力で、何かが変わろうとしているのかも。

もしかしたら、これはそれを知るための曇り空。@富ヶ谷

20060308.jpg
08/03/2006 15:40 Tokyo

今日の東京は、一気に春を飛び越えてしまうのかと思うほどに
あたたかい一日だった。

それでも予報によると、明日はまた寒くなるという。
そんなことを聞くと、こちらの気分も、
まだまだ、うかれているわけにはいかないということ?

確かに今日は、そんな季節を反映するように、
一日の中で、ぼくの気分も”行ったり〜来たり”していたような?
不安定な一日だった。
とはいうものの、今こうやって一日を振り返ってみると
楽しかったと言えるような気がする。

きっとそれもこれも、
どこまでも高く感じたあたたかい青い空のせいかもしれない、
そして今日もまた、そんな夕暮れ時の空。@外神田

今日は、午前中だけの快晴。
そして昼頃より、強い風が吹いて
その風が、次から次へと雲を運んできた。
ぼくも”これはこれで気持ちいいなぁ〜”と
その温かい風に吹かれていた。
事務所に戻ると、ラジオは
先程の風が”春一番”だったことを告げている。

もちろん、その空も撮ったので、
どうしようか迷いに迷ったあげくに、
自身のいろいろと照らし合わせながら、
結局最終的には、雲で覆われた後の空を更新する。

それはきっと、青い空の中に”春一番”が運んできた
”白い雲”がなくなる”ほんとうの春の空”を
ぼくが何よりも切望しているからなのかもしれない?

なんて、思いながら、
それより”春一番”が、雲を運んでくるってどういうこと?
とも思ったりもする、こんな春一番の後の曇り空。@中目黒

今日はようやく、春の光が始動したような青い空。
日が当たっているところは、ちょっとだけポカポカしている。
それでも影にはいると、まだまだ寒い。

そして今日も、いつものように?
ひとり事務所に戻って、次から次へと作業を繰り返している。
なかなか、思ったように進んではいない。(笑)

やはりこうやって晴れると気持ちのいいもの。

いつもだったら、何にも感じない新宿駅西口でさえ、
ちょっといい感じに思えてしまう
どうやらすべては、光次第な青い空。@新宿西口

今日は朝目覚めると、久しぶりの快晴!
やっとと思ったら、夕方から急に雲行きが怪しくなって
またしても突然の雨。。。

今日はひな祭りの金曜日。
ということは「写真がもっと好きになる。」の更新の日。
そこにも「雨宿りする子キリン」の写真が掲載されている。
だからというわけではないけれど、
この雨のおかげで、その臨場感が伝わってくるから不思議なもの?

とはいうものの、そろそろ晴れそうな気配。
天気と共に季節も動きながら、もうすぐ春な空。@代沢

今日は晴れるかなぁーと思っていたら、
もう少しのところで、厚い雲にそれを遮られ
またもや、やがて雨。。。

それでも午前中、
雲間から少し青空が見えてきて、
その一瞬にカメラを空に向けてみる。
それ程に光が少し恋しいのかも。

そんな、ちょっとだけ光が射し込んだ瞬間に
何かに引っ張られるように見上げた、雲間の中に光な空。@代沢

今日から弥生三月。
何だか3月というだけで、弥生なんて言ってみたくなるから
不思議なもの。

今日は一日中、冷たい雨。

そんな雨空の中で、またしてもうれしい来客あり。
楽しい時間を過ごし、
先程、ぼくの星についての話をメールで教えてもらった。

今までぼくは、その手のことは
あまり気にしたことがなかったけれど、
今回ばかりは、鵜呑みにしている自分がいる。(笑)

あー楽しい。
それにしても、インターネットってすごいなぁ〜

外は雨だけど、きっと春は近い弥生はじまりの雨の空。@品川

September 2015

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30