今日の空20050414

相変わらず桜に振り回された慌ただしい一日。本当に今年の桜は一気に咲いて、一気に散っていった。例年だったらソメイヨシノが散る頃に咲き始める小金井公園のお目当ての山桜も、驚くことに既に満開。幸い撮影は入っていなかったので、久保さんにも明日の日程を全て変更してもらって、急遽撮影を決行することにする。久しぶりの暗室テント設営になるので、分散していた機材を集めるのにも一苦労。(汗)現在、暗室では久保さんが現像液を調合している。そして事務所では、ぼくのリマスタリングに対する考えを一掃してくれた、昨年オノ・セイゲン氏が全てのDSDリマスタリングを手がけた「ヴァーヴ・スープリーム・サウンド・エディション」を次から次へと奏けている。セイゲン氏のスタジオの音というまでは行かないが、うちの「LINN CLASSIK+Rogers」でも充分に50年代の音が、生々しく蘇っている様が手に取るように解る。そのリマスタリングの作業及びに氏が最近精力的に手がけているスーパーオーディオCDの世界と、現在ぼくが手がけている湿板写真のプロジェクトには、本当に多くの共通点があって興味深く、その中には確実に次なるステップに対しても大きな手がかりがある。そんなわけで、明日は日の出と同時に小金井公園にて、一年ぶりの「湿板桜写真」。最近飛散量が増えてきた檜花粉のせいで、目も鼻もムズムズするも、明日の結果が楽しみな準備中。

August 2017

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31