「北 Kita」菅原一剛 高原淳 写真展


kita_sugawara_l.jpg


1985年にぼくたちは、京都下鴨の"Gallery・DOT"にて、
「Comme Je Suis」という卒業記念のグループ写真展を開催しました。
今でこそ、写真のギャラリーはたくさんありますが、
当時は、関西でオリジナルプリントでの企画展をやっていたのは
ここ"ギャラリー・ドット"だけでしたので、ぼくたちのグループ展も
そんなギャラリーにおいて、初の学生の写真展ということで、
ちょっとしたニュースとして「京都新聞」で紹介されたほどでした。
タイトルの「Comme Je Suis」とは「あるがまま」という意味ですが、
それは、ギャラリーのオーナー岡田さんのご友人が付けてくれたもの。
その時は「えっ、フランス語?」と思ったりしましたが、
その後ぼくはフランスに行くことになるのですから、
人生とは、不思議なめぐり合わせの連続です。

そして、そのグループ展を偶然観に来てくれた東京のギャラリーのキューレターが
その翌年に、ぼくに初個展の機会を与えてくれました。
ですので、ぼくの写真家としてのスタートは、
すべては今回の「ギャラリー・ドット」と共に始まりました。
その後も、オーナーの岡田さんとはずっと仲良くさせていただいていますので、
本当に、ぼくのすべてを知っています。笑

考えてみたら、どんな時代もぼくはこの場所を勝手ながら大きな起点として
岡田さんと共に、さまざまな時間を過ごしてきました。
そんなすべてのはじまりだった「Comme Je Suis」展から
なんと今年で30年。。。

そして今年の冬、ご存じのようにここのところ十勝地方を撮影していますが、
そのグループ展において、中心的な存在だった高原淳さんは
(というとかえって照れくさいので、じゅんちゃんですみません)
現在、ソーゴー印刷という印刷屋の社長さんで、
スロウ」という北海道に根ざしたすばらしい雑誌の出版を手がけています。
そんなじゅんちゃんと、久しぶりに連絡を取り合って、
地元である十勝を案内してもらいながら、撮影に出かけました。
学生時代のぼくたちは、こうやってよく一緒に撮影に出かけたりしていました。
なんだかとても懐かしくて、二人して学生時代に戻ったようで
うれしくなって「岡田さんに電話してみよう!」と
「岡田さん、今、じゅんちゃんと一緒に撮影してるんだよ!」と話したら、
「ええなぁー、ところで菅原くん、今年であれから30年やで!」と岡田さん
「あー、そうかぁー!」だったらとじゅんちゃんと相談して
「もしよかったら、岡田さん展覧会やりましょうかー!」
「ちょっと待ってなー、あっ、10月空いてるでー!」
ということで、今回の展覧会と相成りました。

じゅんちゃんは、地元北海道の撮影を繰り返しています。
そしてぼくは、青森津軽の撮影を続けていることもあって、
そんなそれぞれの北国の写真をということで、
タイトルは「北 Kita」としました。
じゅんちゃんの北海道と、ぼくの津軽。
そして、あの時のそれぞれの写真も一枚ずつ、30年ぶりに展示します。

11月1日15時より、会場のギャラリー・ドットにて
トークショーのようなものを行いますので、
お近くの方は、ぜひお越しください。
遠くの方々も、秋の京都観光を兼ねて、ぜひぜひ。

ぼくは23日初日より週末、そして次の31日より最終日11月4日まで在廊予定です。
ぼく自身もとても楽しみにしていますが、たくさんのご来場をお待ちしています。


kita_takahara_l.jpg


kita_表4l.jpg

October 2017

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31