「北の空」へ


今日の空thumbnail.jpg


久しぶりに自身のHPのリニューアル。
そちらはまだ完成していませんが、
それと共に「今日の空」のページもリニューアル。
今回のページは、スマホバージョンも含めて全画面表示ですので、
今まで以上に、そこにある"光"のことが気になります。

「光を観るために空を撮る。」と
2002年元旦より始めた「今日の空」ですが、
こうやって丸13年に渡って毎日の空を見続けていると、
当然のことながら、そこの光の中で暮らす人々について、
そして、その光の中で育まれる文化について、
それまで以上に、はっきりとしたかたちで感じとることがあります。

先日、北海道帯広にて、これまで撮影してきた十勝の写真を
ある式典において、まとめて観る機会があったのですが、
ぼくは不思議なことに、自身の写真なのにもかかわらず、
少しばかり客観的になりながら、津軽の空を思い出していました。

そして今日、ハンガリーの美術館から写真を観に来られたキューレターに
そんな「北の光」についてのぼくの思いをいくつかお話ししたのですが、
今度は、そうやって話をしているぼくの頭の中では、
その続きになるであろう新たな「北の光」について、
それはまだ見ぬ世界なのにも関わらず
割とはっきりとしたかたちで存在しています。
しかも、それらはすべてとてもあたたかい印象があります。

その答えなどわかるわけなどありませんが、
ここのところぼくには、いつかどこかで忘れ去られてしまった、
もしかしたらとても大切なこの国の起源のような世界へ
しっかりと導かれているような実感があります。
そして、そこで次から次へと現れるいろいろについて、
それをもっともっとしっかりと向き合って、
もっともっと知りたいと思っているのですから、
どうやら、まだまだ北への旅が続いていきそうです。

そしてそれはすべて、この「今日の空」を続けていく中で、
その「空」のつながりと共に、はじまっていったような気がします。

October 2017

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31